Densyakunのブログ

高校生プログラマの雑なブログです。ゲームを開発しています。

【Blender】【GIS】BlenderGISのBasemapsの注意点、地図が真っ白い、地図が表示されない場合の対処法

こんにちは、電車君です。

最近記事増えてきたかな?と思っていますが、もっと記事を投稿したいと思います。(下書きが溜まってます、、、)

 

 

 

今回は、BlenderGISのBasemapsの注意点を解説します。

 

BlenderGISとは

BlenderGISとは、BlenderGISを扱うためのBlenderアドオンです。

デフォルトのBlenderでは、.shapeファイルや.osmなどが使えないため、GISを扱うにはこのアドオンが必要になります。

 

ダウンロード、導入はこちらから

https://github.com/domlysz/BlenderGIS

 

BlenderGISでできること

BlenderGISでは.shapeファイルのインポート、エクスポートの他に、地図を表示するBasemapsや、OpenStreetMapの.osmファイルのインポート、スペースシャトル立体地形データ(SRTM)から地形を生成する機能などがあります。

 

このようなGISには必ず経緯度の座標を使用することになりますが、BlenderGISではプロジェクトに座標を記録し、自動的に座標を合わせてくれる便利な機能があります。

他の人や環境にBlenderGISが入っていれば、他の環境でも同じプロジェクトを使用するだけで座標を保持できるようになっています。

 

今回は地図を表示するBasemapsの注意点を解説します。

 

「Please define a valid cache folder path」と表示され、Basemapsが使えない場合

これはCache folderが設定されていない場合に出る警告です。

PreferencesからBasemaps内のCache folderにフォルダパスを設定してください。

これを設定することで、地図の画像などのキャッシュが保存されます。

ファイルが溢れるわけではないので、ドキュメントなどを指定しても大丈夫だと思います。

作成されるファイルは「OSM_」などから始まる.gpkgファイルになります。これは、地図のソースとレイヤー別にファイルが分けられています。

 

地図が真っ白い場合

ソースがOSM WMSだと地図が白くなることがあります。

この場合はソースをGoogleOSMに変更することをおすすめします。

 

地図が表示されない場合

上の地図が白い問題を解決した上で、この問題が起こる場合は、地図のズームレベルが関係していると思われます。

OSMの場合、ズームレベル1~19で表示されます。

テンキーの + - キー 、またはマウスホイールでズームレベルを変更することができます。

 

また、XY面の平行投影でのみ表示されますので、注意してください。

 

Get OSMでElevation from objectを押すとクラッシュする

押さない方がいいです。

 

 

 

最後に、便利な機能があります。

マップ操作中にGキーを押すと検索できます。

検索すると地図が移動してその場所を原点にすることができます。

 

 

 

今回は以上です。他にあれば追記するかもしれません。