Densyakunのブログ

高校生プログラマの雑なブログです。ゲームを開発しています。

小田急ファミリー鉄道展2018に行ってきました

こんにちは、電車君です。

10月21日・22日に開催の小田急ファミリー鉄道展2018に行ってきました。

ちなみに、行ってきたのは21日です。

 

www.odakyu.jp

 

第一会場と第二会場があり、第一会場がメインで、第二会場には行きませんでした。

 

入場料は無料です。

 

ちなみに、こうした鉄道のイベントに参加するのは今回が初めてです。

 

会場へ向かう

小田急海老名駅からJR海老名駅方面に向かい、海老名駅自由通路を通る際に左側を撮影したものです。

※会場の場所が分からなかったのでこのときは左側だと思っていましたが、会場は右側でした。

f:id:Densyakun:20181101232853j:plain

 

右側に行くとこんな感じでした。

先に来ていた人が帰る中、あとから来る人も多いです。

f:id:Densyakun:20181101233519j:plain

 

一回入ったら再入場できないみたいです。

f:id:Densyakun:20181101233734j:plain

 

通路は一方通行となっています。

 

保守用車両 TMC

入ると左側に進むのですが、最初に現れたのは、保守用車両のTMCでした。

f:id:Densyakun:20181101233943j:plain

 

 

道中に様々な種類のレールや保線用のアイテムが置いてあり、

ファンに対する優しさも感じられます。

 

こういったアイテムの説明はないのですが、

個人的に、こういった保線用のアイテムなども興味があるので嬉しいです。

 

f:id:Densyakun:20181101234446j:plain

f:id:Densyakun:20181101234510j:plain

f:id:Densyakun:20181101234547j:plain

f:id:Densyakun:20181101234611j:plain

f:id:Densyakun:20181101234638j:plain

f:id:Densyakun:20181101234706j:plain

f:id:Densyakun:20181101234803j:plain

f:id:Densyakun:20181101234827j:plain

f:id:Densyakun:20181101234848j:plain

f:id:Densyakun:20181101235615j:plain

f:id:Densyakun:20181101235644j:plain

 

分岐器のパーツです。

他にもあったのですが、撮ってきませんでした、すみません。

f:id:Densyakun:20181101235721j:plain

 

そしてこの先には、応募制の各種体験がありますが、私は応募していないので体験していません。

 

車両展示コーナーへ

車両展示コーナーへ続いていきます。

足元はなんと砂利道で、バラストが敷かれており、感触が体験できるようになっていました。

ホームページに「特設のため、お足元が悪くなっている箇所があります」「展示物を含めバリアフリー対応ではない箇所があります」と書かれているのはこのためだと思います。

写真やホームの上からだと分かりづらいですが、

バラストに使われる石は大きく、実際にバラストの上を歩いてみるとものすごく歩きづらく、注意して歩かなければいけませんでした。

実際には運転士が緊急時に線路上を走ることなどがありますが、走るのはちょっと難しそうです。

f:id:Densyakun:20181102000138j:plain

 

バラストなどの写真です。適当にお使いください。

f:id:Densyakun:20181102000952j:plain

f:id:Densyakun:20181102001025j:plain

f:id:Densyakun:20181102001125j:plain

 

枕木などいろいろ置いてあります

f:id:Densyakun:20181102001152j:plain

f:id:Densyakun:20181102001531j:plain

f:id:Densyakun:20181102001607j:plain

 

ハイブリッド軌道モーターカー

そろそろ車両展示コーナーです。

踏切があります。

 

右側には、ハイブリッド軌道モーターカーがあります。

f:id:Densyakun:20181102001730j:plain

f:id:Densyakun:20181102001827j:plain

f:id:Densyakun:20181102002005j:plain

f:id:Densyakun:20181102002209j:plain

 

バラストスイーパー

左側は、バラストスイーパーです。

f:id:Densyakun:20181102001749j:plain

 

紛らわしいのですが、バラストスイーパーに向かって置かれている看板は、左奥にあるマルチプルタイタンパーです。

f:id:Densyakun:20181102002925j:plain

f:id:Densyakun:20181102002114j:plain

 

正面には、特急ロマンスカーLSE(7000形)があります。

引退前の最後のお披露目です。

f:id:Densyakun:20181102002500j:plain

 

軌道の写真です(右側を向かって撮影しました)。こちらも適当にお使いください。

f:id:Densyakun:20181102002753j:plain

 

保線用のアイテム

右側には、保線用のアイテムが展示され、保線員が説明をしています。

f:id:Densyakun:20181102003318j:plain

f:id:Densyakun:20181102003355j:plain

 

ん!?でんでんむし!?

f:id:Densyakun:20181102003428j:plain

 

いつも、ネタで「でんでんむし」って言っていたのですが、まさかこんなものがあるとは思いませんでした。

 

f:id:Densyakun:20181102003855j:plain

f:id:Densyakun:20181102003919j:plain

 

保線コーナー?の左側から撮影しました。

f:id:Densyakun:20181102005212j:plain

f:id:Densyakun:20181102005251j:plain

 

 

 

車両展示コーナーには通路はなく、左、右、前に行ったりと自由に移動できます(非常に歩きづらいです)。

右の方に出口があるので、左に行きます。

f:id:Densyakun:20181102003143j:plain

 

左奥にある、マルチプルタイタンパーです。

f:id:Densyakun:20181102004035j:plain

f:id:Densyakun:20181102004059j:plain

 

車両基地の端にやってきました。LSEの向こう側に行って、出口の方に向かいます。

f:id:Densyakun:20181102004121j:plain

f:id:Densyakun:20181102004343j:plain

 

奥に小田急1000形(レーティッシュ塗装)がありました。

f:id:Densyakun:20181102004540j:plain

 

特急ロマンスカーLSE(7000形)

ちなみに、カメラはCASIOのコンデジです。

f:id:Densyakun:20181102004651j:plain

f:id:Densyakun:20181102004937j:plain

 

f:id:Densyakun:20181102005024j:plain

 

正面から撮影できたのは、この新宿よりのみです。

f:id:Densyakun:20181102005348j:plain

 

f:id:Densyakun:20181102005532j:plain

f:id:Densyakun:20181102005617j:plain

 

逆光がすごいですが、新宿寄りから車両番号を撮影しました。

7004

f:id:Densyakun:20181102005748j:plain

 

なんか、みんなこのあたりで休憩していますw

f:id:Densyakun:20181102005942j:plain

 

小田急1000形(レーティッシュ塗装)

f:id:Densyakun:20181102010105j:plain

f:id:Densyakun:20181102010127j:plain

 

EXE

奥には、EXEが止まってます。

f:id:Densyakun:20181102010358j:plain

f:id:Densyakun:20181102010441j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115000918j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115000943j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115001025j:plain

 

 

 

 

 

7104

f:id:Densyakun:20181102010522j:plain

 

ロマンスカーといえば、この連接台車です。

f:id:Densyakun:20181102010607j:plain

 

EXEは普通の台車です。

f:id:Densyakun:20181113232038j:plain

 

LSEラストランのステッカー

f:id:Densyakun:20181113232236j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113232205j:plain

 

7054

f:id:Densyakun:20181113232300j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113232330j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113232355j:plain

 

7204

f:id:Densyakun:20181113232420j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113232445j:plain

 

7304

f:id:Densyakun:20181113232548j:plain

 

7404

f:id:Densyakun:20181113232615j:plain

 

7504

f:id:Densyakun:20181113232639j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113232703j:plain

 

適当に床下機器を撮りました

f:id:Densyakun:20181113232727j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113232800j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113232826j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113232853j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113232915j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113232936j:plain

 

7604

f:id:Densyakun:20181113233009j:plain

 

f:id:Densyakun:20181113233043j:plain

 

7154

f:id:Densyakun:20181113233139j:plain

 

7704

f:id:Densyakun:20181115002250j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115002855j:plain

 

7804

f:id:Densyakun:20181115002918j:plain

 

そして、前面の写真になります。

たくさん人が集まっていましたが、この角度だけは簡単に撮ることができました。

f:id:Densyakun:20181115003019j:plain

 

こちらはスマホで撮ったものです。

f:id:Densyakun:20181101231053j:image

 

正面から撮れたのはこの一枚だけです。

人が多かったので、カメラを持ち上げて撮りました。

f:id:Densyakun:20181115003115j:plain

 

出口方面に進む前に、右側に保線用車両が複数ありました。

レール運搬車

f:id:Densyakun:20181115003414j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115003441j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115003522j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115003549j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115003714j:plain

 

模擬架線だそうです。電気が通っていないので、触っても大丈夫です。

f:id:Densyakun:20181115004928j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115005147j:plain

 

 続いて架線工具です。

f:id:Densyakun:20181115005214j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115005550j:plain

 

延線巻取車(えんせんまきとりしゃ)

f:id:Densyakun:20181115005636j:plain

 

タワー車

f:id:Densyakun:20181115010035j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115005938j:plain

 

海老名駅(小田原方面)を望む

f:id:Densyakun:20181115010844j:plain

 

車両展示コーナーを抜けて、正面が出口、右側に進むと変電設備展示コーナーがあります。

下の画像の道は変電設備展示コーナーへの道です。

f:id:Densyakun:20181115012510j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115012701j:plain

 

整流器です。一般的に鉄道では直流電気を扱うため、交流電気を直流に変換する装置です。

f:id:Densyakun:20181115012736j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115012934j:plain

 

続いて、高速度遮断器です。 

高速度遮断器とは、機器故障等により主回路に過大な電流が流れた場合に、これを高速で遮断し、過電流による装置の損傷を保護するものです。

こちらは変電設備にあるものだと思いますが、車両についているものもあります。

動作しているところは見ていなかったのですが、ガチャガチャと音が鳴っていました。

f:id:Densyakun:20181115013247j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115013507j:plain

 

出口に向かいます

f:id:Densyakun:20181115014351j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115014614j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115014829j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115015016j:plain

 

f:id:Densyakun:20181115015751j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116014409j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116015010j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116015039j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116015155j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116015338j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116015644j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116015833j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116015851j:plain

 

海老名駅方面へ向かいます。今から急いで入ってくる人もいましたが、入れたのか気になりますw

f:id:Densyakun:20181116020005j:plain

 

冒頭の写真に写っていたMSEと、EXEを、

小田急海老名駅構内から撮影しました。

f:id:Densyakun:20181116020041j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116020203j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116020215j:plain

 

f:id:Densyakun:20181116020228j:plain

 

こちらは戦利品です。

f:id:Densyakun:20181101231136j:image

 

f:id:Densyakun:20181101231120j:image


f:id:Densyakun:20181101231153j:image

 

相模大野駅に行って、ゆっくりしていたら、

なんかLED発車標を撮ってる人がいっぱいいたので見てみたら、

えのしま9号大和行と臨時各駅停車片瀬江ノ島行の表示がありました。

珍しい大和行きだそうです。

英語表示は撮っていません。

f:id:Densyakun:20181116020236j:plain

 

LCD発車標です。大和方面の英語表示は撮っていません、すみません。

f:id:Densyakun:20181101231327j:image

 

こちらは、新宿方面のLCD発車標です。えのしま6号新宿行ですが、列車は撮り逃しました、、。
f:id:Densyakun:20181101231302j:image

 

f:id:Densyakun:20181101231309j:image

 

 

えのしま9号大和行きはEXEでした。

f:id:Densyakun:20181101231331j:plain

f:id:Densyakun:20181101231342j:image

 

f:id:Densyakun:20181116020243j:plain

と、ここでコンデジの電池が切れてしまいました。

 

先頭は上手く撮れませんでした。

ここってところで、シャッター押してから、撮影されるまで時間が掛かる時、すごく困りますよね。
f:id:Densyakun:20181101231402j:image

 

以上になります。

またこのようなイベントがあったら行ってみたいと思います。

ありがとうございました。

 

【Blender】【GIS】BlenderGISのBasemapsの注意点、地図が真っ白い、地図が表示されない場合の対処法

こんにちは、電車君です。

最近記事増えてきたかな?と思っていますが、もっと記事を投稿したいと思います。(下書きが溜まってます、、、)

 

 

 

今回は、BlenderGISのBasemapsの注意点を解説します。

 

BlenderGISとは

BlenderGISとは、BlenderGISを扱うためのBlenderアドオンです。

デフォルトのBlenderでは、.shapeファイルや.osmなどが使えないため、GISを扱うにはこのアドオンが必要になります。

 

ダウンロード、導入はこちらから

https://github.com/domlysz/BlenderGIS

 

BlenderGISでできること

BlenderGISでは.shapeファイルのインポート、エクスポートの他に、地図を表示するBasemapsや、OpenStreetMapの.osmファイルのインポート、スペースシャトル立体地形データ(SRTM)から地形を生成する機能などがあります。

 

このようなGISには必ず経緯度の座標を使用することになりますが、BlenderGISではプロジェクトに座標を記録し、自動的に座標を合わせてくれる便利な機能があります。

他の人や環境にBlenderGISが入っていれば、他の環境でも同じプロジェクトを使用するだけで座標を保持できるようになっています。

 

今回は地図を表示するBasemapsの注意点を解説します。

 

「Please define a valid cache folder path」と表示され、Basemapsが使えない場合

これはCache folderが設定されていない場合に出る警告です。

PreferencesからBasemaps内のCache folderにフォルダパスを設定してください。

これを設定することで、地図の画像などのキャッシュが保存されます。

ファイルが溢れるわけではないので、ドキュメントなどを指定しても大丈夫だと思います。

作成されるファイルは「OSM_」などから始まる.gpkgファイルになります。これは、地図のソースとレイヤー別にファイルが分けられています。

 

地図が真っ白い場合

ソースがOSM WMSだと地図が白くなることがあります。

この場合はソースをGoogleOSMに変更することをおすすめします。

 

地図が表示されない場合

上の地図が白い問題を解決した上で、この問題が起こる場合は、地図のズームレベルが関係していると思われます。

OSMの場合、ズームレベル1~19で表示されます。

テンキーの + - キー 、またはマウスホイールでズームレベルを変更することができます。

 

また、XY面の平行投影でのみ表示されますので、注意してください。

 

Get OSMでElevation from objectを押すとクラッシュする

押さない方がいいです。

 

 

 

最後に、便利な機能があります。

マップ操作中にGキーを押すと検索できます。

検索すると地図が移動してその場所を原点にすることができます。

 

 

 

今回は以上です。他にあれば追記するかもしれません。

 

【Unity】UIパーツをクリックする【uGUI】

こんにちは、ぼちぼちゲーム作ってる電車君です。

今回は、UnityでuGUIのTextやImageなどのUIパーツをクリックする方法を解説します。

 

方法1. EventSystem.current.RaycastAllを使う

まず調べて出てきたのはこれでした。

 

PointerEventData pointerData = new PointerEventData(EventSystem.current) { pointerId = -1 };
pointerData.position = Input.mousePosition;
List<raycastresult> results = new List<raycastresult>();
EventSystem.current.RaycastAll(pointerData, results);
if (results.Count > 0)
	print("!");

 

推測ですが、PointerEventDataという仮想のカーソルのようなものを作り、カーソルの位置を設定して、Rayを飛ばして判定するものですが、

以上のコードを書いてから、EventSystem.current関連を書くのと、

EventSystem.current関連を書いてから、以上のコードを書くのとで、動いたり動かなかったりしたのと、

あとは、一見どのような処理がされているのか分かりづらいので、使い勝手が悪いと思います。

 

方法2. Buttonを使う

これが一番カンタンだと思います。

UIパーツと同じオブジェクトにButtonコンポーネントを追加するだけで、クリックできるようになります。

僕はTextに使いましたが、Imageなどにも使える思います。

見た目もフォーカスしたときの色や、クリックするアニメーション?なども動作するので、非常に簡単です。

f:id:Densyakun:20181023033917p:plain

f:id:Densyakun:20181023034003p:plain

 

 

 

以上です。

【MCCxPLT2018】Minecraft Coders ConferenceでLTをしました! 初めてのプレゼン

こんにちは、

早くもクリスマスやお正月の話ばかりで、今年はハロウィンないのかと思っている、電車君です。

最近、ガルパにハマってます。先月始めたばかりですが、Expertできるようになってきました(フルコンボじゃないよ)。

 

 

先日2018年10月14日の、Minecraft Coders Conference(以下、MCC)でLT(ライトニングトーク)をしました!

 

MCCとは、マイクラに関する話題を、LT形式で話すと言うものです。

なおMCCに引き続き、プログラミングに関する話題をLTするPLTも行われました。

5分と10分の枠があって、私は10分枠にしましたが、マイクラ歴6年分を10分にするのは大変ですw

ちなみに、後日気付いたのですが、当日は鉄道の日でした…!

 

 

そして、初めてのプレゼン、LT、そして顔出しでした

何でも開始5分前になると緊張する人で、

凄く緊張してて声が出てたか気になりますが、。

 

動画はこちら(2:11:53から)

Minecraft Coders Conference&プログラミングLT 2018

Minecraft Coders Conference&プログラミングLT 2018 - YouTube

 

ちなみに、このプレゼンには佐野日本大学中等教育学校・高等学校・ICT教育推進室長の安藤昇さんなども登壇しています。

 

 

一応LTは無事終わりましたが、重要なとこを飛ばしたり、言い忘れてたことがあったりしたので、

この記事で訂正、補足したいと思います。

 

 

 

闇が深いと言われたデジプラスサーバーの話

言っていいのか気になっていたのですが、まあまあウケたので良かったと思います。

多分、"半年喧嘩して仲直りした"、電鯖の荒らし事件の方が闇が深いと思いますが。(説明すると時間がかかるので、LTでは省略しました)

 

荒らし事件についてはこちらに少し説明があります。(他にも濃い話があると思いますので、甘い物でも食べながら見てください笑)

マイクラ離れと、マイクラでやりたかったこと - Densyakunのブログ

実は電車君サーバーが始まる前にやっていた生活サーバーがありまして、そちらが初代電車君サーバーのようなものでした。

初代の方で遊んでた人たちは、電鯖で発生した「King達荒らし事件」の奴らです。(和解済みです)

 

 

電車君サーバーの略称

電車君サーバーは通称、「電鯖」(でんさば)と言います。

 

端っこの方にある文字見た?

そして、電鯖の話あたりから、端っこの方にたまに出てくる文字があります。

  • 「実は、、、このプレゼンの背景はほぼ電鯖!」(電車君サーバー
  • 「一部のプラグインGitHubにソースをあげています」「本当はもっとあるけど公開していない」(自作プラグイン一覧)
  • 「私が公開しているModはPockyMODのみですが、残念ながら動かないそうです」(PockyMOD、左下)
  • GitHubでソースを公開中」(JapanPack)

 

皆さんは気付いたでしょうか?

読んでもらえたら嬉しいです。

 

そして、アジさん(カメラ)もカメラワーク大変だと思いますが、頑張って下さいw

 

電車君サーバーの出来事

電鯖の管理者であった「sorayamakazuki」さんは、サーバーで色々やってくれました。

なんと、いくつかのラージチェストいっぱいにダイヤモンドブロックを採ってくるような人で、

エンダードラゴンも討伐してくれたりしたので、サーバーで楽しんでくれたのが一番嬉しかったです。

ですので、人が少ないなど色々ありましたが、小規模でも友達などが楽しんでくれたらそれでいいと思います

(ちなみに僕はエンダードラゴンをまともに倒したことがありませんw)

 

プラグインテストサーバーについて

サーバー一覧には「電車君プラグインテストサーバー」(以下、プラテス鯖)と言うのがありました。

プラテス鯖はその名の通り、開発中のプラグインをテストするサーバーになります。

僕の場合は常に電鯖を開いていたので、電鯖でテストするのがいいと思われるかもしれませんが、

プラグインによっては開発中にワールドを誤って破壊してしまう可能性があったり、いちいちリロードすると鯖民に迷惑がかかる可能性があるため、そういった意味でプラグインをテストするための専用サーバーを用意しておくことをおすすめします

 

どうぶつの森サーバーの説明不足

サーバー一覧には、「どうぶつの森サーバー」と言うのが載っており、解説していましたが、説明が分かりにくく、イメージできなかったと思いますので、ここで解説します。

 

まず、ここで言う村と言うのは、マインクラフトの村とは全く関係ない、どうぶつの森の村をイメージしたものになります。

 

また、村はプラグインによって自動的に生成され、プラグインにより配置、管理されます。

また、村には村番地と言うもので管理されています。

とびだせどうぶつの森で言う「夢番地」のようなものだと思ってください。

つまり、生成される「村」は正方形で、どうぶつの森にある駅のように、北側に線路があり、並べられた村の線路は全て繋がっているという意味です。

つまり、この線路を移動するとすべての村に行けるような構想になっていました。

(その場合は時間がかからないようにテレポートさせます)

 

ここまでは全て完成していて、釣りをしたり、アイテムを追加したり、アイテムを地面に埋められるようになどする予定でした。

 

説明不足で申し訳ありませんでした。

 

 

また、どうぶつの森サーバープラグイン「AnimalCrossing」は、GitHubに公開しています

GitHub - Densyakun/BukkitPlugin_AnimalCrossing: 【開発休止中】どうぶつの森をマイクラに追加するプラグインです。自分や友達の村で遊べます。

一緒にやりたいと言う方がいれば、またやろうと思っています。

 

また、サーバー一覧には入っていないサーバーがこちらにあります。

マイクラ離れと、マイクラでやりたかったこと - Densyakunのブログ

 

サーバーを開くために必要なもの

そこそこのスペックとネットがあれば開けると言っていましたが、

私の思う最低限のスペックは、メモリ2GB以上のものです。

ただ、使い方によってはほとんどの場合で個人的な作業が出来なくなりますので、メモリは4GBでデュアルコア以上の物にしてください

OSやストレージなどは特に決めていませんが、ノートPCだと処理の低いCPUが多いので注意して下さい。

CPUはできる限り新しい世代のものをおすすめします。

 

また、ネットに関してですが、

実はうちはADSL(今年無くなるみたいです)で、電鯖もそれでやってましたが、おすすめはしません。

よくDDOSの被害にあいましたが、ADSLはすぐ落ちます。

また、数GBなどの大容量のダウンロードが必要な際に時間がかかってしまうので注意が必要です。

 

また、サーバーを開いてもポート開放ができないと人が来れません

僕の場合は、UPnPCJ(Windows専用)でポート開放していました。

使い方に関しては、Discordで聞いてください。

MacLinuxでは他のWindowsPCからUPnPCJでポート開放する方法しか知りません、すみません。

 

サーバー運用での注意点がスカスカ

注意点が一つしかない上に、そんなに注意点なのか?と思われると思います。

本当はもっとあるはずなのですが、思い出せませんでした…

電鯖の荒らし事件に繋がるのですが、OP権限をむやみに与えると、乱用され、簡単に荒らされてしまうので、対策をとり、むやみにOP権限を与えないで下さいと言う話でした。

 

権限を"職業"で分けるという発言をしましたが、言いたかったのは権限を"役職"で分けると言いたかったので、誤解のないようにお願いします。

 

また、サーバー運用での注意点などは、この記事の後述に、サーバー運用での重要なことについて書いてありますので、そちらを参考にして下さい。

 

また、PermissionsExの使い方は、僕が言うガキの頃に作った動画がありますので、参考にして下さい。(当時のバージョンとは異なる部分があります)

[Minecraft]PermissionsEx権限設定方法[画質改良版] - YouTube

動画が古いからか、かなり人気です。よく知ってると言われます。検索でも上の方に出てきます。見てくれてありがとうございます。

 

突然の「プログラミングはマイクラで覚えろ」(名言)

僕が一番言いたかったことです。

 

まず、プログラミングは難しいです。

何でも最初は難しいですが、慣れれば簡単です。

 

皆さんはプラグインやModを作ろうとして、プログラミングが分からなくて、プログラミングを学ぼうとしますが、

"プログラミングが分からないとプラグインが作れない"と、ネガティブ思考になります

 

そのうち、プログラミングを覚える事だけになり、プラグインなどを作る目標を失い、挫折します。

 

 

ですので、プラグインを作りながら、プログラミングを学び、覚えていくのが、一番ラクで、一石二鳥です

 

僕の場合もプラグインを作ろうとしてプログラミングを理解できるようになりました。

 

プレゼンでも言っていた作り方講座は、記事の最後に書いてあります

作り方講座では、プログラミングができないと出来ないといったような表現はなく、

必要な環境(開発環境)を整え、プラグインを作り始めることができます。

自分で作ったプラグインが動くと言うのが楽しく、いろいろいじったりしていくとだんだん慣れて、作れるようになります。

誰でもすぐにできるようになりますので、是非やってみて下さい

 

もし分からないことがあれば、お気軽にDiscordからご連絡下さい。

 

完全に編集段階な件

自作プラグイン一覧に紫色で「このへんに画像を追加する」と言う文字があります。

 

プレゼンにいっぱいで気付かなかったのですが、完全に編集段階でした…^^;

 

また、まだまだ未公開のプラグインがたくさんあります。

これでもプラグインが多すぎると思いますので、下の方にプレゼンが見れるURLを載せていますので、じっくりご覧くださいw

 

ちなみに、上の方が古いプラグインになります。古いやつはバグが多く、直す予定がないものです。

 

話しきれなかったForgeModの話

ポッキーModとJapanPackと言うModがありましたが、説明しきれなかったのでよくわからなかったと思います。

 

また、ポッキーModは公開していますが、残念ながら動かないそうです。

 

JapanPackは一番作りたいModになります。

一緒に作ってくれる人がいれば、再開しようと思っています。

 

ちなみに、ドラえもんModなどの案もあります。(22世紀のワールド作ってもしょうがないですがw)

 

ツイッターのロックについて

ホームページに説明があります。

電車君のホームページ トップ

 

質問の回答ミス

MCCの午前の部にてプレゼンをしておりました、「Do it プログラミングスクール」の松尾高明さんからの質問で、

「マイクラのサーバーを、クラウド上のサーバーで開くのが多いのか、自宅のPCで開くのが多いのか」と言う質問に対して、

「僕は自分のサーバーで開きました」と回答しましたが、

正しくは「私は自分のPCでやってました」でした。誤解を生む曖昧な言い方になってしまって、すみませんでした。

 

サーバー一覧に載せた電鯖などのサーバーは、自分のPCでやっていました。

実は、電鯖を始めてから3年ほどノートPCで開いていましたが、パソコンを水没させてしまい自作PCを組み立てることになり、それからずーっと自作のデスクトップPCでやっています

ノートPCはASUSのウルトラブックで、スペックが良かったので2つのサーバーを同時に開くことができました。そのため、電鯖(他の鯖と区別するため本鯖と呼んでいました)とプラテス鯖を同時に開いていました。

 

ちなみに、自作PCはこのブログの最初の記事にあるものです。

 

また、松尾さんのプレゼンも良かったです。

松尾さんは41分あたりからプレゼンしています。

 

 

 

 

 

以上いろいろ説明不足などがありすみませんでした。

またプレゼンが見たいという方は、こちらからご覧下さい。

無題のプレゼンテーション - Google スライド

適当にGoogleスライドで作ったものです。

 

 

 

今は電鯖はやっていませんが、おつまみ鯖やいろいろなサーバーの管理者や、プラグイン担当をやっています。

おつまみ

 

サーバー運用での重要なこと

プレゼンに載せ忘れていたのですが、人気なサーバーを作れる方法について、他のサーバーに教えた内容です。

※あくまでも電車君調べです。参考程度にどうぞ。

 

サーバーを知れること
・・管理者が友達に宣伝すること
・・minecraft.jpなどのサーバーリストに掲載すること
・・人を誘いやすいこと
サーバーに入りやすいこと
・・サーバーアドレスが正しく書いてあること
・・1日も休まず24Hやっていること
・・最新のバージョンに対応できること
楽しいサーバーであること
・・すべてのプレイヤーに対して管理者が優しいこと
・・お初さんを誘導できること
・・定期的かつ常にイベントをやっていること

 

 

 

ツイッターやりたいですね、はい。

 

 

 

MCCxPLT2018の司会やスタッフの皆さん、素晴らしかったと思います。

ただ、質問だけでなく意見や感想とかも聞いてみたほうが良いと思います。

皆で話し合う機会があるといいですね。

 

今回は本当に楽しかったです。

来年もまた、開催する可能性が高いと聞いているので楽しみにしてます。

では。

 

プラグインの作り方講座はこちら(更新サボっててすみません)

【Spigot】Bukkitプラグインの作り方講座 カテゴリーの記事一覧 - Densyakunのブログ

 

GitHubはこちら(プラグインやJapanPackのソースがあります)

Densyakun (電車君) · GitHub

【Unity】100kunit(100000unit)以上の座標を使えない問題

こんにちは、電車君です。

実は、Unityには100kunit(100000unit)以上の座標を使えない問題があります。

 

transformの座標に100kunit以上の値を入力すると「Due to floating-point precision limitations, it is recommended to bring the world coordinates of the GameObject within a smaller range.」と警告文が出ます。

もちろん警告文ですので全くできないわけではないのですが、

インスペクタータブから該当オブジェクトをダブルクリックや4回クリックで原点に移動され、追跡することもできません。

 

僕は、すべてのものを小さくする、つまり1unit=10mといったような方法をやってみたのですが、

映像がおかしくなってしまい、まともにゲームとは言えなくなってしまいました(座標がカクカクになり、移動する物体がもぞもぞする)。

 

他にも縮尺を変えるなど、いろいろやってみたのですが、

結果的に「チャンクを導入し、座標を範囲内でループさせる」という方法になりました。

ただし、この方法ではマルチプレイなどでプレイヤー間の座標が異なってしまうため、そのへんを独自で対応させる必要があるかと思います。

 

映像さえおかしくならなければもう少し簡単だと思うのですが、

現時点で、-100kunit~100kunitを超える座標を使いたい場合には、この方法しかなさそうです。

 

【ETS2 1.32.3.7s】ETS2がアップデート!トレーラーが所有できるようになった!

電車君です。

 

ETS2が1.32.3.7sにアップデートされました。

基本的にTruckersMPでマルチプレイをしているので、

TruckersMPが対応するまでアップデートしていなかったのですが、

先日、TruckersMPがアップデートに対応したので早速やってみました。

 

結構ダウンロードに時間がかかったので、

もしや大規模なアップデートでもあるのかと思っていたら...

 

...予想的中!!!

 

 

 

起動するとこんなものが...

f:id:Densyakun:20181005193200j:plain

(ん?トレーラーを購入...?あぁトラックか...)と思いながら増えたボタンをよく見ると...

 

 

 

トレーラーディーラー!?トレーラーアクセサリー!?!?、、、トレーラーマネージャーだと!?

 

 

 

早速購入。

トレーラーディーラーにて購入したトレーラーは、

トレーラーマネージャーに表示されます。

ちなみに、トレーラーはどこでも購入でき、購入済みのお好きなガレージに格納できます(トレーラーがガレージに表示されることはありません)。

f:id:Densyakun:20181005194758j:plain

購入したトレーラーは初期状態でパブリックとなり、

雇っているドライバーが勝手に使います。

トレーラーの状態をプライベートに変更することで、

自分だけが使用できるようになります。

 

雇っているドライバーがすでに使用している場合は使用できないので注意して下さい。

 

 

 

f:id:Densyakun:20181005193223j:plain

少し前からですが、ミラノ辺りが変わっているらしいのでついでに来てみました。

 

 

 

今まではトラックで出発地に移動し、トレーラーを連結するだけでしたが、

自分が所有するトレーラーを使って、トレーラーに対応した貨物を積むことができるようになりました。

貨物を積むには少し時間がかかります(TruckersMPでは大丈夫ですが)。

f:id:Densyakun:20181005193228j:plain

 

 

 

f:id:Densyakun:20181005205127j:plain

同じのがいっぱいいる

 

 

 

事故などでダメージを受けるのはトレーラーなので、

自分のトレーラーで荷物を積む場合は、人のトレーラーを運ぶ場合と違い、

精密貨物でない限り、ちょっとした事故では荷物がダメージを受けるということはありません。

f:id:Densyakun:20181005205207j:plain

 

 

 

ダブル!?Bダブル!?

f:id:Densyakun:20181005200040j:plain

デンマークノルウェースウェーデンの追加パックを購入している人のみ使用できるみたいです。

私は持っていませんが、一回やってみたいですね。 

Bダブルはどんな挙動をするんでしょうか?(それとも固定されてるだけ?)

 

 

 

f:id:Densyakun:20181005220943j:plain

よいETS2ライフを!

 

 

 

おまけ

f:id:Densyakun:20181005221259j:plain

これどうやって行くんだ!?(追加パック買えってか!?)Kielの近くにあります

【Unity】スクリプトからTransformのparentとposition、またはrotationを設定すると、ローカル座標になってしまう問題

こんにちは、電車君です。

 

スクリプトからTransformのparentとposition、またはrotation(eulerAngles含む)を設定すると、positionやrotationがワールド座標ではなくローカル座標になってしまうことがあります。

また、SetParentの第二引数を設定しても解決しない場合もあります。

 

またこの問題の不可解な点は、先にparentを設定しても問題が起きることです。

普通に考えたらparentを設定したあとにpositionでワールド座標を設定できると思いますが、設定した座標がローカル座標になってしまいます。

要するに親オブジェクトの座標がxとすると、子オブジェクトの座標は2xになってしまうのです。

 

私の解決方法としては、parentを設定してlocalPositionにローカル座標を入れることにしています。

その場合はpositionにいれるワールド座標をローカル座標に変換する必要がありますので注意してください。

私がこの問題にあったバージョンは2017.3.1です。

現在のバージョンでは解決されているかもしれません。